スポンサードリンク


足の臭いでは、ブーツの中も要チェック


足の臭い原因となるものに、靴の中の湿気に伴う雑菌の繁殖があります。

女性の外出では、ブーツを朝から履き続ける場合がありますが、ブーツは他の靴に比べ、形状的な事からも、足にとって、より湿気や雑菌を多く含む環境と言えるでしょう。連日同じブーツを履き続けるとなると、さらに雑菌を益々増殖させてしまいやすいので注意が必要です。

お気に入りともなれば、履き続けたくなる気持ちは、わからなくはありませんが、
このあたりも十分に注意を払っておかなければなりません。

できれば、通常の靴と同じで、1日履いたブーツは、休ませて十分、湿気を抜くことが大事です。そうすればお気に入りのブーツも長持ちする事にもつながります。


続きを読む ≫

足の臭い(足汗)は、毎日のケアが大切


足の臭いの原因は、足裏に汗腺が多く集中していることで、多くの足汗をかくことにあります。多汗症とされるかたは、色々な要因がるかと思いますが、足というのはさらに悩ましい部分だと思います。

汗というのは、足に限らずそのままにしておくと独特の悪臭を放つ事があります。特に足のおかれている環境というのは、他の部分に比べ、常に靴下やソックス(外出時は、靴やブーツ)、などに覆われ、汗と細菌が混ざり合う高温多湿状態になっています。

続きを読む ≫

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。